沿革[青色申告会について]

沿革

昭和28年4月四日市青色申告会創立
※シャウプ勧告により、昭和25年青色申告制度が実施され、
それより遅れること3年、四日市青色申告会が結成された。
当初は、四日市商工会議所内に事務局があり、
会員は当時300名程であった。
昭和33年事務局が火災に見舞われ、資料等すべて焼失、甚大な被害を被った
※翌年の伊勢湾台風での被害と重なり、会の再建事業が大幅に遅れた。
昭和35年5月清水辰蔵氏が会長に就任
※この年会員数は550名を越え、
会の運営は役員が中心となり行われるようになった。
又、事務局は当時の商業信用組合の2階に移転された。
昭和47年5月中川甚一郎氏が会長に就任
昭和49年1月17日現在地に独立会では県下初の四日市青色申告会館が落成
昭和55年5月樋口善一氏が会長に就任
平成6年5月田中 正氏が会長に就任
平成14年会創立50周年
平成18年5月後藤洋介氏が会長に就任
平成23年9月1日一般社団法人四日市青色申告会を設立、移行する

ブルーリターンA
e-Tax